帰化申請ナビ 行政書士ココア法務事務所

HOME

帰化申請って何?

在日韓国・朝鮮人

当事務所では、在日韓国人・朝鮮人の帰化申請手続きのサポートをしております。
在日韓国・朝鮮人の在留資格は、様々ですが、以下のように分布してます。

(2013.06時点)

特別永住者 373,689人

一般永住者 63,704人

定住者   7,734人

日本人の配偶者等 16,251人

永住者の配偶者等 2,404人

留学    17,874人

家族滞在  14,587人

と、特別永住者の方が多数です。
場合によっては、「在日」とは「特別永住者」の方を指す事もあるようです。

特別永住者の方は、もう2世、3世、4世の世代となっており、日本生まれの方が多く、帰化申請相談や当所における帰化申請者数も一番多いです。
韓国語を話せないという方も多く、帰化申請することに抵抗がないとおっしゃる方も多いです。
しかし帰化申請をしない以上、「韓国籍、朝鮮籍」であることに変わりはなく、日本国民と同じ権利があるわけではありません。
⇒ 帰化申請をするメリット

特別永住者の方はその他の在留資格よりは書類の量は一番少ない傾向です。
こちらご参照ください ⇒ 帰化申請必要書類

それでも、上記のような書類が必要です。
申請書類全て用意しますと、相当なボリュームの書類になります。

一つ一つが意味のある書類ですから、法務局が求める書類は全て用意しなければなりません。
書類は各法務局によって異なる事がありますから、その点も要注意です。
⇒ 法務局によって異なる事

特別永住者数も死亡や帰化申請などによって、減少傾向にありますが、まだまだ帰化申請者数は「中国」や「その他の国」の方よりも多いです。

特別永住者数都道府県別ランキング(平成23年(2011年)末現在)
1、大阪府
2、東京都
3、兵庫県
4、愛知県
5、京都府
6、神奈川県
7、福岡県
8、埼玉県
9、広島県
10、千葉県
..
上記TOP10含めまして、日本全国が我々のサポート地域です。

特別永住者の方の場合、帰化申請の機会を待っておられる方が非常に多いです。
この機会に一度帰化申請のご相談をお待ちしております。
どの地域の方もサポートさせていただいておりまして許可率は100%です。
是非一度ご相談ください。
⇒ 帰化申請無料相談フォーム