帰化申請ナビ 行政書士ココア法務事務所

HOME

帰化申請って何?

韓国の兵役義務と帰化申請

< 韓国の兵役義務と帰化申請について >

ネット上でよく取り上げられる特別永住者(在日韓国人)の話題として兵役義務の事があります。
当所の帰化申請無料相談でも、たまに聞かれるテーマです。

韓国には徴兵制度が存在しますから、韓国人の対象男性(18歳から35歳)は兵役義務の対象となります。
しかし、基本的に大韓民国の徴兵制度は、海外で居住している人にまでは執行力が及びません。

ですので、特別永住者の方が、日本で生活をしていて徴兵される可能性は今後も考えにくいです。

しかし、韓国に入国した際には兵役の義務が発生する可能性も考えにくいですが、法解釈次第ではあり得ない事ではないです。

ですから、韓国のパスポートを領事館で新たに作る際や更新の際に兵役免除申請とセットで行うのはそのためです。

兵役免除申請の対象は
①海外出生者、もしくは韓国国内出生者で6歳~18歳の間、国外で成長した者 (6歳~18歳の期間中、3年間の韓国修学生活は許容)
②兵役対象者が18歳になるまで、全家族が永住権を取得していること

です。
特別永住者の方は、上記条件に当てはまりますので、パスポート作る際には、兵役免除申請が出来ます。

もっともパスポートなどを作られてない方で、兵役免除申請をしてなくて、日本で普通に生活していて突然徴兵される!ということはないでしょう。

ネット上では多くの「うわさ」が掲載されていますので、そのような情報に惑わされず、正しい認識を持っておくことが大事です。