帰化申請ナビ 行政書士ココア法務事務所

HOME

帰化申請に必要な条件とは?

スナップ写真

スナップ写真などは、帰化申請の必要書類ではありませんが、管轄法務局・支局によっては、その他書類として求められることがあります。

帰化申請者を取り巻く状況によって、どのような写真が必要になるかは変わってきますので、相談段階で担当者に尋ねるようにしましょう。

 

スナップ写真などは、持っていればすぐにでも用意出来ると思いますので、その他の時間のかかる書類を集めてから最終段階(帰化申請受付時)に用意するようにすれば十分だと思います。

【通常用意するのに時間のかかる書類】

・韓国戸籍(翻訳文付)

・出生届記載事項証明書

・婚姻届記載事項証明書

・離婚届記載事項証明書

・死亡届記載事項証明書

などです。

上記以外の書類でも、例えば確定申告書を紛失していたり、賃貸借契約書の原本を失くした、各種納税証明書発行に必要な申告・納付をキチッと行っていないなどの場合には、その書類を揃えるには時間と手間がかかってしまうでしょう。

これから帰化申請をお考えの方や、帰化申請の書類集めを開始したけども断念または中断してしまわれている方などは、当事務所の帰化申請サポートをご利用ください。
⇒ ココア法務事務所の帰化申請サポート

⇒ 帰化申請料金表

帰化申請は時間をかけるとより難しくなる手続きです。

思った以上に余計な費用や手間がかかる場合があります。

そういった失敗を犯さないために専門家のサポートを受けてみてください。

ご相談お待ちしております。
078-599-8515

帰化相談フォームもご利用下さい。
⇒ 帰化相談フォームへ(別窓で開きます)