帰化申請ナビ 行政書士ココア法務事務所

HOME

よくある失敗例

予約の取れない法務局

帰化申請を行うには、事前に法務局に書類チェックをしてもらって、正式に受理に向けた申請を行うわけですが、その予約自体が中々取れない法務局も多く存在します。

ご自身で自力で帰化申請しようとする場合は、まず法務局の窓口で帰化申請相談することが大事になってくるわけですが、その予約も同様です。
法務局によっては、担当者が国籍係のほか供託などの業務も担っている場合があり、対応する時間がないなどの事情があるのです。

その場合、書類が順調に集まったとしても、予約待ちの間に書類の期限が切れて、再取得しなければならないという事態も考えられます。
(⇒帰化申請のよくある失敗例 )
そうなってしまうと、書類が集まる⇒予約待ち⇒取り直し⇒予約待ちという悪循環になってしまいます。

最初に法務局に電話した時に、予約状況はどうなっているか確認し、早め早めの予約を心掛けましょう。

そして法務局に指示された書類を確実・スピーディーに集め、なるべく短期間で受理してもらう事を目指します。
ある程度、まとまって休みを取れるようでしたら、その期間は帰化申請準備手続きに集中するという事も良いかもしれません。

しかし帰化申請を難しくする要因などがあれば、スムーズに申請するのは難しいかもしれません。

なるべく早期の段階で、自分の帰化申請の難易度を知るということは、その後の帰化申請手続きの計画を立てるうえで、重要になってくることは間違いないです。帰化申請をするというのは想像以上に大変な手続きなのです。

法務局の予約が取れにくい場合、帰化申請を専門とする行政書士の無料相談などを利用するのも一つの選択肢です。

帰化申請を専門としている行政書士は相談に応じることが出来たり、集めるのが難しい書類を集めたりと大きな助けになる事が出来ます。

ただ、帰化申請をするのは自分なんだという意識を持つことは、申請手続きをするうえで大事なことです。

帰化申請は人生の中でも大きなイベントですから、帰化申請手続きの進め方、書類の集める工程、専門家のサポートの受け方、しっかりモチベーションの維持することなど間違えないようにしてください。

当事務所では相談者の状況をお聞きして、法務局との打ち合わせを含め、帰化申請の難易度・期間等を判断させていただきます。

一度お気軽にご相談くださいませ。便利な相談フォームをご利用ください。 
⇒ 帰化申請無料相談
※送信いただきますと、お電話またはメールさせていただきます。

お電話でも承っております。078-599-8515