帰化申請ナビ 行政書士ココア法務事務所

HOME

帰化申請に必要な条件とは?

住民税について

帰化申請手続きにおいて、住民税の納付状況は帰化申請においては、必ずチェックされる項目です。
特に主婦の方で多いのが、市役所の方に所得の申告(0の場合は0で申告)をされていないことです。
主婦の方でも市役所にて0申告をし、非課税の証明書を取得することが必要です。
この申告は過去にさかのぼって手続きすることも問題ありませんので、申告してください。
0申告の場合、収入の証明をする必要がありませんので、比較的申告手続きは簡単です。
申請用紙に必要事項を記入し、役所に提出するだけでOKです。
郵送による申告も可能です。

会社員の方などは給与明細を見て、住民税が天引きされていない場合は、普通徴収ですので、
ご自身が納税をしているかどうか、今一度ご確認下さい。

住民税の納付状況のチェックは基本的には1年分です。
ただし、納期が未到来などで、平成〇〇年の納税証明書では1年分完納していない場合はその前年分の納税証明書を求められることが多いです。
(⇒ 住民税の納税証明書について )

納期が到来している場合で未納になっている方は、必ず納めるようにしてください

未納分につきましては、コンビニエンスストアなどで納めることも可能ですが、その場合は役所のコンピューターへのデータの反映に時間がかかるため、証明書を取りにいってもデータが反映されてなくて証明書が発行されない場合があります。
コンビニなどで納付された場合は、その領収書を証明書発行窓口まで持っていって下さい。
担当窓口の方が領収書確認後、納税証明書をすぐに発行してもらうことが可能です。
郵送請求する場合も、領収書を同封するとすぐに発行し、送り返してもらうことが出来ます。

当事務所の帰化申請サポートでは、市役所での上記納税証明書の取得を申請者の方に代わって行っております。
納税状況の確認などもこちらでサポートさせていただいております。
⇒ 帰化申請相談・申込みフォーム
お電話でもお待ちしております。
078-599-8515